大阪化成の事業内容

売上げの7~8割を占める生活環境品分野では、殺菌剤や抗菌・防カビ剤、抗ウイルス剤、動物用医薬品など幅広い衛生関連製品を提供しており、皆さんの身の回りにあるものに使われています。主力製品の「イソプロピルメチルフェノール」は、ハンドソープ、歯磨き剤、制汗剤、化粧品、シャンプー、医薬品などに殺菌有効成分や防腐剤として配合されています。また、2020年から新型コロナ禍により売上が伸びている白衣などの繊維製品用抗ウイルス剤「マルカサイド」シリーズは、北里大学・三菱ケミカルとの共同研究により、新型コロナへの速効性が認められ注目を集めています。一方、高機能炭素材料として、耐火材の強度を大きく向上させる配合材、ジェットエンジン部品や電車のパンタグラフに使われる高密度・高強度の成形体が得られる自己焼結性炭素材等を国内外へ販売しています。

大阪化成の特色1 変わっていく会社

当社は合併会社ですが、それぞれの創業は太平洋戦争直後であり、長い歴史を有する会社です。戦後混乱期に誕生した、両社合わせて100人程度の会社が、さまざまな危機に瀕し、事業整理や合併、株主変更などの紆余曲折を経て、今、50人規模とはいえ生き残ったことは、ダーウィンの進化論「変化に対応した種が生き残る」を想起させます。常に変わりゆく社会を見つめ、我々は今、生き残るための新しい施策を立てて実行していきます。

大阪化成の特色2 一人一人が主役

当社は、製造委託を活用しながら多くの自社ブランド製品を多方面の顧客へ提供しています。主力の「イソプロピルメチルフェノール」を使って頂いている会社だけでも200社近くあります。多様な自社製品を、数多くのお客様へ生産・出荷・販売する一方、常に、世の中の動向を見ながら新製品の開発も積極的に行っています。
このような活動を50人の社員で回すために、一人一人が主役の意識をもちながら、周りと協奏し、日々、業務に取り組んでいることが、小さな当社の2番目の特色です。

ホームへ戻る